「レイクホープ州立公園からザレスキー州立森林公園へ」 オハイオ州

lake_hope

私達兄弟は、短い秋の色鮮やかな紅葉を見るためレイクホープ州立公園を訪れました。

lake_hope

lake_hope

lake_hope

きらめく水面を見ながら1時間半をドライブした後、足下の道に落ち葉を踏み締める感覚を感じながらハイキングも楽しみました。

lake_hope

lake_hope

lake_hope

lake_hope

時折立ち止まりながら湖端に沿ってハイキングをしていると、周囲の自然の美しさが目に入り感動します。新鮮な空気を吸いながら、目的地までの道中を歩きます。

lake_hope

lake_hope

lake_hope

lake_hope

歩く事だけが目的の人はこの地にはほぼいません。この場所に来る人々は目的や目標を達するためではなく、ただありのままの自然を感じて自身が楽しむために訪れているのです。

lake_hope

lake_hope

lake_hope

lake_hope

ジョンミュアJohn Muir 登山家( April 21, 1838 – December 24, 1914)は、
「自然を歩くことは、全てにおいて人が求めるよりもはるかに多くの恩恵がある」と述べ、ありのままの自然の姿を感じて散策する事の重要性を著しました。
また、「私は日没まで散歩に出かけただけで、自然と触れ合える」とも述べております。
これらの叙述には、私たちが達成したいと心に思っていることが表現されております。忙殺される日常から距離を置き、自然の美しさを感じる時間を作ることが重要です。

lake_hope

lake_hope

この地で過ごした想い出に耽りつつ、また直ぐに戻ってきたい想いを胸に、

私たちは一日中歩き回ったホープ湖を後にして暗闇の中を運転して帰路に着きました。-アレック・フリッツ


「レイクホープ州立公園からザレスキー州立森林公園へ」 オハイオ州

2017年1月30日:アナログウォッチコーによる投稿

ワンダーラストシリーズ

「チャールストン」 サウスカロライナ州

Charleston

 

私の心は常に新しい冒険と体験を求めています。私の最近の冒険は、チャールストンへの旅でした。サウスカロライナ州の中で最も歴史的な大都市の1つです。 10時間を超える運転の末、芸術と自然が織り成す街の中心地へと到着しました。

 

Charleston

 

Charleston

Charleston

チャールストンの街は、旧い建築物と歴史的なエリアで知られています。どこを歩いても、優雅な植民地時代の家々、美しい庭と花壇に出会えました。チャールストンは、この種の他の都市とは異なり、自然と都市生活とが結びついております。それぞれの通りには多様な店舗、カフェ、アートギャラリーが並んでいます。

Charleston

Charleston

Charleston

Charleston

Charleston

Charleston

Charleston

チャールストンのメインストリートを歩き続けながら、やがて海岸の公園に辿り着きました。すぐに水辺の良い景色が広がりました。木々の葉が頭上に広がる通路を通り抜け、景色を見ながら公園を歩き、各所で写真を撮りました。

Charleston

Charleston

この街はどこへ行っても気楽に過ごせる場所がたくさんあります。この気楽に親しめる感覚こそ、チャールストンが訪れるに値する場所である理由です。

-ニック・グリエッティ

Charleston

Charleston

Charleston

「チャールストン」 サウスカロライナ州

2016年9月24日:アナログウォッチコーの投稿

ワンダーラストシリーズ

製造における技術(ハンズオン):カルマナデザイン社(Carmana Designs)木製家具製造

この記事は、「ハンズオン」の6番目の記事です。「ハンズオン」は、製造と製造に関わる人々、機械、および製造工程を称えるための一連の非公式の投稿です。

(動画2分19秒 音が出ます)

カルマナデザイン社の紹介

1981年に設立されたカルマナデザイン社(Carmana Designs)は、南フィラデルフィアのニューボールド群で操業されている家族経営の高級カスタムキャビネット製造および木材加工所です。高度に熟練したマスターキャビネットメーカーであるカルメン氏とインテリアデザイナーであるアンナマリアヴォーナ氏によってそれぞれ立ち上げられました。この創造的情熱を持った2人は、クライアントの要望からデザインを起こし、顧客の夢を家具として実現させます。

carmana_design

会社の成り立ち

カルメン氏は、アンナマリア氏の祖父、ルイージ サマローネ氏から工芸技術を学びました。 4年間のトレーニングの後、カルメン氏は新しいビジネスを開始しました。 5,000平方フィート(約140坪)の小さな家屋から製作は始まり、カルマナデザイン社としてその場所から規模を拡大し、1999年に1715-19 McKean Streetにある複合施設に製造拠点を移しました。 1912年に建設された大きな正面玄関を持つこの建物は、旧アボッツアルダーニー乳業のオフィスとショールームであり、後方の建物には、牛乳を運ぶ馬のための馬小屋がありました。建物の石畳は今でもカルマナデザイン社のショップの床として残っています。現在、40,000平方フィート(約1100坪)のカルマナデザイン社製造工場には、イタリアとドイツから輸入された巨大な木材加工機械のすべてが稼働状態です。木材加工機械の使用により製作をより速く正確に行うことが可能ですが、キャビネット製作において、確実な手作業による組み立て、仕上げ、組み立ての技術が重要であり、伝統的な木工技術の全てが機械に置換えられるものではありません。

carmana_design

作業工程

すべてのプロジェクトは、設計書作りから始まります。カルマナデザイン社はMicrovellum / AutoCADシステムで各工程の全てを図面化します。また作業所にあるアメリカ製の巨大なCNC旋盤に数値情報を入力するプログラムも包括してます。 CNC旋盤は部品を正確に切削し、製造におけるコストを効果的に削減し、従業員(通常はいつでも4〜7人のチーム)が複数の作業に同時に取組み、キャビネットを手作業で組み立てることを可能にします。そこから、部品は紙やすりで磨かれ、組み立てられて、東海岸で最大級の規模を誇る塗装専門業者の「ダブルダウンドラフト社」に運ばれます。製品は、クライアントの希望に合わせて調整された独自の塗装が吹き付けられ、エキゾチックで自然な木目を深く強調するために、独自の高光沢ウレタンシーラーが選択されることもあります。製造工程の最終段階は設置です。カルマナデザイン社は、クライアントに製品を満足してもらえるように、配送と設置のサービスも適時行っております。

carmana_design

注文の75%近くが大規模な商業用途ですが、様々なデザイン依頼のために、テーブルトップや木製の脚などの単一の部品を作るための(たまに非常に短い時間で)個別注文が入る場合があります。木材部分とコーリアン(デュポン社の人造大理石ブランド)の両素材が店内で最大限の目立つように展示され、金属パーツは Meschino Metal Works という別の地元のフィラデルフィアメーカーで塗装されて仕上げされます。カルマナデザイン社は、本物を、手作りで、ハイエンド商品分野にて、高品質の受注生産のキャビネット製造、木工品製造、箱物製造、仕上げ、組み立てを一貫して行っております。

carpenter_teak_banboo

カーペンターウォッチ(TEAK & BAMBOO)が左腕に!

カルマナデザイン社は30年以上にわたってビジネスを展開してきましたが、良い時期もあり、また悪い時期も乗り越えてきました。最近では、多くの地元の木材製造販売会社の業績が奮いません。しかしながら、 カルマナデザイン社は、これからの世代のためにカスタムキャビネットを丁寧に手作りするスタイルにてこれまで以上に業績を伸ばしております。

carmana_design

アンナマリア氏とその娘、カルメンヴォナ氏

カルマナデザイン社 案内ページ https://www.carmanadesigns.com/


製造における技術(ハンズオン):カルマナデザイン社(Carmana Designs)木製家具製造

2014年8月19日:アナログウォッチコーの投稿

製造における技術(ハンズオン)シリーズ