「ゴブリンヴァレー州立公園」 ユタ州

goblin_valley

私の体内時計をリセットできるアクティビティは、多くありません。キャンプと冒険が主なものです。自然の中にいることで、自身を世界の中心に置き、自分自身をより感じることができます。長い穏やかな冬の後、この地を訪れる時が来ました。私たちの仲間が何人か集まりユタより南下してゴブリンバレー州立公園へと向かいました。

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

夜通し運転して、目的地のゴブリンバレーに到着しました。私たちが岩山の広がる土地にキャンプ場を探している間に、月は地平線の上に高く上がりながら風景を照らし始めました。私たちはテントを張り、キャンプファイヤーを準備して、そして目を閉じました。

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

月が地平線の下に隠れて、天の川が空を横切る様子が手に取るように見えました。手は冷たく疲れ目でしたが、私たちは火を燃やす間、自然への畏敬の念を感じておりました。それからしばらくして太陽が昇り、私たちの体も暖まってきました。そろそろ冒険に出発する時間です。

goblin_valley

goblin_valley

goblin_valley

ゴブリンバレーは特別な場所です。何千もの岩柱があり、地球から遠く離れている場所のように感じます。まるでマーク・ワトニー(映画オデッセイの主人公の宇宙飛行士の名前⇒WIKI)がすぐそこに現れるかのように、火星にいるように感じました。 -グレッグ・ラコジ


ワンダーラストシリーズ:「ゴブリンヴァレー州立公園」 ユタ州

2016年5月31日:アナログウォッチコーが投稿

ワンダーラストシリーズ